契約について利用規約

利用規約

 

第1条(規約の適用)

株式会社セラン(以下「当社」といいます)は、以下の利用規約(以下「本規約」といいます)に基づき xross dataサービス(以下「本サービス」といいます)を提供します。

 

第2条(用語の定義)

本規約において使用する以下の各号の用語の意味は、当該各号に記載したとおりとします。

① サービス利用者

Webサイト上で情報を公開する方であって、本規約に同意し、第4条所定の手続きにより当社と利用契約を締結した法人をいいます。

② トライアル

サービス利用者が本サービスの機能の一部を無料で利用できることをいい、その期間はトライアルの申込みを完了した日から最長30日間とします。

③ お試しパック

サービス利用者が本サービスの機能の一部を有料で利用できることをいい、その期間はお試しパックの申し込みが完了した日から最長2か月とします。

④ 本契約

サービス利用者が本サービスの機能の全部を有料で利用できることをいい、その期間は本契約の申込が完了した日から本サービスの終了日までの期間をいいます。

⑤ 有料サービス

お試しパックおよび本契約をいいます。

⑥ 利用契約

本サービスを利用するために、本規約の定めるところに従い、サービス利用者のメールアドレス(以下「ユーザID」といいます)及びパスワードを登録し、サイトIDを取得することにより締結されるサービス利用者と当社との契約をいいます。

⑦ 契約者設備

本サービスの提供を受ける為にサービス利用者が設置する電気通信設備・その他の機器及びソフトウェアなどをいいます。

⑧ 本サービス用設備

本サービスを提供するにあたり当社が設置する電気通信設備・その他の機器及びソフトウェアなどをいいます。

⑨ サイトID

ユーザID、パスワードと組み合わせてサービス利用者又はその他の者を識別するために用いられる符号をいいます。

⑩ ユーザID

サイトID、パスワードと組み合わせてサービス利用者又はその他の者を識別する為に用いられる符号をいいます。

⑪ パスワード

サイトID、ユーザIDと組み合わせてサービス利用者又はその他の者を識別する為に用いられる符号をいいます。

⑫ ライセンスキー

サービス利用者のWebサイトもしくはアプリケーションのアクセスログを本サービスに送信するためのタグプログラムを動作させるために、当社がサービス利用者に発行する符号をいいます。

⑬ タグプログラム

サービス利用者のWebサイトもしくはアプリケーションのアクセスログを送信するためのプログラムのことであって、自動ログ送信用モジュール、JavaScriptタグ、携帯サイト用タグ、アプリログ送信用SDKのプログラムファイル並びに設定ファイルをいいます。

⑭ 技術マニュアル

タグプログラムのインストール方法、設定方法、仕様を記載したマニュアルをいいます。

⑮ アナリティクスプラン

Webサイトもしくはアプリケーションのアクセスログ、その他のログを集計・分析する事ができる当社の提供するサービスの契約プランをいいます。

⑯ ログストレージプラン

Webサイトもしくはアプリケーションのアクセスログを保存しダウンロードを行うことができる当社の提供するサービスの契約プランをいいます。

⑰ ログストレージ

ログストレージを契約する事で利用可能なアクセスログを保存するディスクをいいます。

 

第3条(本規約の適用)

  1. 本規約は、本サービスの利用に関し、当社とサービス利用者との間に適用されるものとします。
  2. サービス利用者は本規約のほか当社が本サービスに関する利用条件を特に提示した場合は、それらの利用条件にしたがって本サービスを利用するものとします。
  3. 当社はサービス利用者の承諾を得ることなく本規約の内容を将来に向けて変更できるものとし、別段の定めがある場合を除くほか、サービス利用者は変更後の本規約に従うものとします。

 

第4条(利用契約)

  1. 利用契約(トライアル契約、お試しパック契約又は本契約)は、サービス利用者が本規約に同意したうえ当社が別に定める手続きに従って本サービスの申込みを行い、本サービスを利用するためのサイトID及びパスワードを取得した時点で成立するものとします。
  2. 本サービスの利用は、1サイトに対して1利用申込に限定させていただきます。
  3. 当社は、次の何れかに該当する事由があるときは、利用申込みを承諾せず、又は利用契約成立後であっても利用契約を解除することがあります。
    1. サービス利用者が虚偽の事実を申告したとき
    2. 契約の締結により当社の業務遂行上又は技術上著しい支障を来すとき
    3. その他、当社が別途規定する事由に該当するとき
    4. 本サービスは、正規の手続きを経て、サービス利用者のサイトID及びパスワードを取得した法人に対してのみ提供するものであり、サービス利用者はこの権利を第三者に譲渡できません。

 

第5条(サービス利用者の行う作業等)

サービス利用者が本サービスを利用するために必要となるタグプログラムの設置・設定作業は、サービス利用者自身の責任において行なわれるものであり、当社はこれらの作業によりサービス利用者又は第三者に発生した費用、損害その他経済的負担について一切責任を負わないものとします。

 

第6条(ライセンスキー)

当社は、サービス利用者のアカウント申請内容を確認し、サービス利用者の登録情報が事実に相違ないと判断した場合に、タグプログラムのライセンスキー(以下「ライセンスキー」といいます)を発行します。誤りがあると判断した場合には、理由の如何を問わず、当社はライセンスキーを発行する義務を負いません。

 

第7条(トライアル)

  1. トライアルの機能およびデータ容量は、別途定める「契約ステータスと機能」によるものとします。
  2. トライアル期間に送信されたアクセスログの集計やデータの保存に不備が発生した場合は、当社は一切責任を負いません。

 

第8条(有料サービス)

  1. サービス利用者が本サービスの申請画面からお試しパックもしくは本契約の正式な利用の申込手続きを実行した日を有料サービス開始日とします。
  2. 有料サービスの申込手続きを実行した後は、サービス利用者が本サービスを利用していない場合であっても有料サービスが開始され、有料サービス開始日以降は第13条所定の料金が発生します。
  3. サービス利用者が有料サービス契約中に利用できる機能およびデータ容量は別途定める「契約ステータスと機能」によるものとします。

 

第9条(サイトID、パスワード及びライセンスキーの管理)

  1. サービス利用者は、第4条の手続により取得したサイトID、パスワード及びライセンスキーの管理責任を負うものとします。
  2. サービス利用者は、第三者に対し、サイトID、パスワード及びライセンスキーの利用、貸与、譲渡、名義変更又は売買質入等をしてはならないものとします。
  3. サービス利用者によるサイトID、パスワード及びライセンスキーの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等による損害についてはサービス利用者がその責任を負うものとし、当社は一切責任を負わないものとします。
  4. サイトID、パスワード及びライセンスキーの盗用・誤用、又は第三者の使用等により本サービスの提供が停止し、又は本サービスを提供する当社システムが毀損した場合、サービス利用者は当社に対し、これによる損害について賠償責任を負うものとします。
  5. サービス利用者は、サイトID、パスワード及びライセンスキーの盗難や失念があった場合、又は第三者に使用されていることが判明した場合には直ちに当社にその旨を通知するとともに、その後の措置について当社の指示に従うものとします。

 

第10条(ソフトウェア、タグプログラム及び技術マニュアル)

  1. 当社は、サービス利用者に対し、本サービスのソフトウェアへのアクセス権限を証するものとして、第4条で定めるサイトID及びパスワードを付与するものとします。
  2. 前項に定めるアクセス権限とは、当社が管理するサーバ上においてサービス利用者のWebサイト若しくはアプリケーションの分析結果閲覧やログの保存を行う非独占的な権限、及びサービス利用者のWebサイト若しくはアプリケーションの分析結果閲覧やログの保存を可能とするデータを収集するタグプログラム、技術マニュアルを取得する権限とします。
  3. サービス利用者は、本サービスのソフトウェアが提供する機能や表示方法を模倣しないこと及び当該ソフトウェアを本サービスの利用目的外に使用しないことに同意するものとします。
  4. サービス利用者は本サービスが提供する管理画面上に表示される分析結果、ログファイル、タグプログラム及び技術マニュアルを理由の如何を問わず第三者に開示してはならないものとします。 但し、サービス利用者が利用契約に基づき自ら本サービスを利用するために必要なタグプログラムのインストール設定、本サービスのシステム設定およびレポート作成業務を委任する第三者へ開示する場合は、この限りではありません。
  5. サービス利用者は、当社がサービス利用者に対しアクセス権限を付与するソフトウェアは、サービス利用者のブラウザを介して利用するものであり、当社がこれらのブラウザを提供するものではないことを確認します。
  6. サービス利用者は、当社がサービス利用者に対し提供するタグプログラムは、当社ホームページに定めるシステム要件を満たす環境で利用するものであって、サービス利用者が当該環境を整備する責任を負うものであり、当社はサービス利用者がタグプログラムを利用するために必要なシステム環境乃至ソフトウェア等を提供するものではないことを確認します。
  7. 当社が必要と判断した場合には、当社はサービス利用者に告知することなく、いつでも本サービスのソフトウェア、タグプログラム及び技術マニュアルの内容を変更することができます。
  8. サービス利用者は、理由の如何を問わず本サービスのソフトウェア及びタグプログラムのリバースエンジニアリングを行わないことに同意するものとします。
  9. サービス利用者は、本サービスのソフトウェア、タグプログラム及び技術マニュアルの利用にあたっては最善の注意を払うものとし、利用のための操作及びその結果についてはすべてサービス利用者が責任を負うものとします。
  10. サービス利用者の不適切な操作の結果、本サービスが停止し又は本サービスを提供する当社システムが毀損した場合、サービス利用者は当社に対し賠償責任を負うものとします。
  11. サービス利用者は、本サービスの利用方法に関する質問に対する当社の対応は、基本的に本サービスが用意するヘルプサイトを通じて行われることを承諾するものとします。

 

第11条(タグプログラムのインストールとアンインストール)

  1. サービス利用者は本サービスを利用するにあたり、技術マニュアルに従って、サービス利用者のサイトのWebサーバもしくはアプリケーションにタグプログラムを自己の責任及び負担においてインストールすることを承諾します。
  2. タグプログラムをサービス利用者のWebサーバもしくはアプリケーションにインストールすることにより、サービス利用者のWebサーバもしくはアプリケーションに支障を来した場合でも、当社は一切その責任を負わないものとします。
  3. サービス利用者が本サービスの利用を終了する場合は、サービス利用者のWebサーバもしくはアプリケーションにインストールしたタグプログラムを遅滞なくアンインストールし、当社が本サービスのために提供するサーバに負荷を与えないよう必要な措置をとるものとします。
  4. サービス利用者は、本サービス利用終了の日から2週間以内に、前項のアンインストールを実施するものとします。
  5. 無料期間中にサービスの継続を希望しないサービス利用者は、無料期間終了日までに、前項のアンインストールを実施するものとします。

 

第12条(本契約の最低利用期間)

本契約の最低利用期間は、本契約が成立した日から6ヶ月を経過する月の末日までとし、それ以前の解約はできません。

 

第13条(料金)

  1. 本サービスの料金等の金額及び算定方法は、別途定める「料金表」によるものとします。
  2. サービス利用者は、当社が指定する銀行口座に当社から送付した請求書に記載された金額を所定の支払期日までに振り込まなければなりません。尚、振込手数料はサービス利用者が負担するものとします。
  3. サービス利用料はいかなる理由であっても一切返金できず、有料期間中に利用されない期間があったとしても,その期間に対応する返金又は控除はいたしません。
  4. 当社が料金を改定するときは、事前にメール、本サービスのWebサイト、書面、もしくは他の適宜の方法により告知するものとし、サービス利用者は別段の定めがある場合を除きその改定に従うものとします。

 

第14条(個人情報の保護)

  1. 個人情報(生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含む)をいいます)の保護についての当社の基本方針は、別に定めるプライバシーポリシーに基づいています。
  2. 前項にかかわらず、サービス利用者が本サービスの利用及びサービス利用者のサイトの運営もしくはアプリケーションの配信に関連して知りえた個人情報については、サービス利用者自らが定める個人情報の保護に関する規定やデータ収集に関する規定によります。
  3. 当社は、サービス利用者による個人情報の取扱いについて、いかなる義務も責任も負いません。

 

第15条(権利等)

サービス利用者は、本サービス利用期間中、本サービスにより提供するソフトウェアの利用を許諾されるものであり、当該期間中及び期間終了後を通じ本サービス関する所有権及び著作権、特許権、実用新案権、商標権、意匠権、その他の知的財産権及びノウハウなどの権利は全て当社及び、正当な権利を有する第三者に帰属するものであることを確認します。

 

第16条(データの保持期間)

当社はサービス利用者が送信したアクセスログデータおよび個人情報を含む連携データを以下に示す期間保持するものとします。

  1. アナリティクスプランは、当社が受信した日から3年を経過する日又は利用契約終了日のいずれか早く到来する日までとします。但し、個人情報を含む連携データは利用契約終了日までとします。
  2. ログストレージプラン は、データ量が利用契約によって定めるログストレージの容量を超えない限り利用契約終了日まで保存します。

 

第17条(禁止事項)

サービス利用者は、本サービスの利用に関し、以下各号の行為を行ってはなりません。

  1. 不正アクセス行為の禁止等に関する法律に違反する行為
  2. 個人情報の保護に関する法律に違反する行為
  3. 特定商取引法、不当景品・不当表示法、独占禁止法その他法令の定めに違反する行為
  4. 詐欺行為、その他犯罪に結びつく行為
  5. 他人の著作権、商標権等の知的財産権を侵害する行為
  6. 他人の肖像権、プライバシーを侵害する行為
  7. 当社のサービス業務の運営・維持に支障を与える行為
  8. 他人になりすまして情報を送信若しくは表示する行為
  9. 当社と同種又は類似の業務を行う行為
  10. その他、法令若しくは公序良俗に違反し、又は他人に不利益を与える行為
  11. 前号のいずれかに該当する行為が行われている疑いのある他人のデータ、情報等へリンクを張る行為

 

第18条(紛争解決)

サービス利用者におけるサービス利用者のサイトの運営もしくはアプリケーションの配信に関し、顧客、その他の第三者から当社に対して何らかの請求がなされ、又は訴えが提起される等の紛争が生じた場合、サービス利用者は、自己の責任と費用負担により当該紛争を処理解決するものとし、当社には一切迷惑をかけないものとします。

 

第19条(サービスの提供)

  1. 本サービスの内容は、当社がその時点で提供可能なものとします。
  2. 当社は、理由の如何を問わず、サービス利用者に事前の通知をすることなく、本サービスの内容の全部又は一部の変更、追加及び廃止をすることができるものとします。但し、本サービスの全てを廃止する場合には、当社が適当と判断する方法で、サービス利用者に事前にその旨を通知します。

 

第20条(設備の修理又は復旧)

  1. 本サービスの利用中に、サービス利用者が当社の設備又はサービスに異常を発見したときは、サービス利用者は自身の設備に故障がないことを確認の上、当社に修理又は復旧の請求をすることができるものとします。
  2. 当社は、当社の設備若しくはサービスに障害を生じ、又はその設備が滅失したことを確認したときは、速やかにこれを修理・復旧するものとします。
  3. 前項の設備とは、当社がサービス利用者に対して提供するASPサービスのハードウェア、ネットワーク、ソフトウェア等のインフラを指すものであり、アクセスログデータは含まれません。

 

第21条(非常事態が発生した場合等の利用制限)

  1. 当社は、天災、事変、その他の非常事態が発生し、又は発生するおそれがあるときは、「電気通信事業法」第8条で定める重要通信を確保するために、サービス利用者に事前に通知することなく、サービス利用者に対する本サービスの提供の全部又は一部を中止する措置をとることができるものとします。
  2. 当社は前項に基づく本サービスの提供の中止によって生じたサービス利用者及び第三者の損害につき一切の責任を負わないものとします。

 

第22条(サービスの中止・停止)

当社は、前条のほか当社のシステムの保守を定期的にもしくは緊急に行う場合、又は当社が設置する電気通信設備若しくはソフトウェアの障害その他やむを得ない事由が生じた場合、当社の判断により本サービスの全部又は一部を中止又は停止することができるものとします。

 

第23条(情報又は文章の削除)

  1. 当社又は当社が指定した者は、サービス利用者が本サービスを利用して登録し、インターネットで提供した情報等が、以下の各号の1に該当すると判断した場合、その旨をサービス利用者に通知するとともに、当該情報等を削除することができるものとします。
    1. 本サービスの保守管理上必要であると当社が判断した場合。
    2. その他、当社が必要であると判断した場合。
  2. 前項の場合であっても、当社又は当社が指定した者は、当該情報の削除義務を負うものではありません。
  3. 当社又は当社が指定した者は、本条の規定に従い情報を削除したこと、又は情報を削除しなかったことによりサービス利用者若しくは第三者に発生した損害について、一切の責任を負わないものとします。

 

第24条(秘密保持)

  1. サービス利用者は、当社の書面による事前の承諾なくして、利用契約に関連して知り得た当社の業務上、技術上、販売上の秘密情報を第三者に開示、漏洩しないものとします。但し、次の各号の1に該当する情報については、秘密情報から除くものとします。
    1. 開示の時点ですでに公知のもの、又は開示後秘密情報を受領した当事者(以下「受領者」といいます。)の責によらずして公知となったもの。
    2. 受領者が第三者から秘密保持義務を負うことなく正当に入手したもの。
    3. 開示の時点で受領者がすでに保有していたもの。
    4. 開示された秘密情報によらずして、独自に受領者が開発したもの。
  2. 当社は、本サービスを利用して保存されたサービス利用者のWebサイトもしくはアプリケーションのアクセスログデータおよび個人情報データを秘密に保持し、これを第三者に開示、漏洩しないものとします。但し、サービス利用者は、当社が個人情報を除く当該データの出所を特定されない方法で、これに加工、改変、集計、分析その他の処理を施した、二次的データを作成してこれを利用することを異議なく承諾します。

 

第25条(サービス利用者による解約)

  1. サービス利用者は、当社指定の解約申請書を当社に提出することにより有料サービス契約を将来に向けて解約することができます。
  2. 解約の効力は、解約申請書が当社に到着した日の属する月の翌月末日の経過によって発生します。但し、サービス利用者は、第11条4項所定の期間内に当社が提供しているタグプログラムのアンインストールを完了しなければならず、当社が当該期間内におけるタグプログラムのアンインストールの完了を確認できないときは、サービス利用者はシステム利用料として、当社に対し本サービスに送信されるアクセスログ1件あたり1円を当社の請求に応じ支払うこととします。

 

第26条(当社による解除)

当社は、サービス利用者が次の各号のいずれかひとつにでも該当した場合は、サービス利用者へのなんらの通知・催告を要せず直ちに当社の判断で本サービスに保存されたサービス利用者のデータ容量を減少、もしくは利用契約を解除できることとします。

  1. 本サービスの利用中にサービス利用者が第17条各号のいずれかの行為を行ったことが判明したとき。
  2. 本規約の各条項に違反したとき。
  3. 利用契約以外の当社との契約が、サービス利用者の責に帰すべき事由により当社から解除されたとき。
  4. サービス利用者に支払い遅延がある場合。
  5. その他、当社が利用契約の継続が困難であると判断したとき。

 

第27条(免責)

当社は、サービス利用者が、タグプログラムを利用することにより、サービス利用者が運営するサイトもしくはアプリケーションの運営に関して被った損害について、その原因の如何に関わらずその損害を賠償する責を負わないものとします。

 

第28条(確認事項)

  1. サービス利用者は、当社がサービス利用者に対して提供するソフトウェア、タグプログラム及び技術マニュアルは、当社がその時点で保有している状態で提供しており、サービス利用者が予定している利用目的への適合性、ソフトウェア障害等の不具合がないことを保証するものではないことを確認します。
  2. サービス利用者は、ソフトウェアの利用結果については当社に対して一切異議を述べず、損害賠償その他の経済的請求をしないことを確認します。
  3. サービス利用者は、当社がサービス利用者に対して提供するソフトウェア、タグプログラム及び技術マニュアルについての障害等の不具合の修正、改良等の実施を行う義務を負わないことを確認します。
  4. 当社がサービス利用者に対して提供するソフトウェア、タグプログラム及び技術マニュアルが、サービス利用者が希望する機能を有しているか否かについてはサービス利用者自身の責任において確認し判断するものとします。
  5. サービス利用者がダウンロードその他の方法で当社のサーバから取得したすべてのデータは、サービス利用者自身のリスクにおいて利用するものとし、当社は当該データをダウンロードしたことに起因して発生したコンピュータシステムの損害についても、一切賠償責任を負わないものとします。
  6. サービス利用者は、当社が、第20条又は第21条所定の状況においてデータの破損等がないことを保証するものではないことを承認するものとします。
  7. データの破損及びこれに起因するサービス利用者の不利益については、当社は一切の損害賠償責任を負わないものとします。

 

第29条(効力)

サービス利用者は、第10条、第11条、第14条、第17条、第24条、第27条、第28条については利用契約終了後もその効力が維持されることを承諾します。

 

第30条(準拠法)

利用契約の成立、効力、履行及び解釈に関しては、日本法のみが適用されるものとします。

 

第31条(合意管轄)

本規約に関する訴訟については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

 

第32条(協議)

本規約に定めのない事項については、当社とサービス利用者がお互いに誠意をもって協議し解決を図るものとします。

 

 


更新履歴

2013/03/01 初版リリース

2014/08/01 第2版リリース プランの変更に伴い内容を修正

2017/01/24 第3版リリース プランの変更に伴い内容を修正