LITE. Marketing Automation.

無料トライアル | すべての機能を30日間ご利用頂けます。

利用規約個人情報の取扱いに同意された方のみトライアル申込をお願いします。

丁寧に対応致します
お気軽にお問い合わせください

電話で問い合わせ

03-5656-8983

(平日10:00〜18:00まで)

フォームでお問い合わせ


(24時間365日受付。担当から返信致します。)

オンライン行動ログを収集・整理して提供

 
xross data log storage

プライベートDMP、キャンペーンマネジメントやCRMなど、Webサイトやアプリケーションの行動ログを取り込んでマーケティングに活用するケースが増えてきました。
xross dataログストレージは、オンライン行動ログをユーザーに紐付けて収集・整理し、それらツールが必要とするログフォーマットに変換して提供するクラウドサービスです。

 
ログストレージプラン単体の契約では、ライブモニター、コミュニケーションなどのオプション機能はご利用できません。
ワンタグ

ワンタグ

たった1行のタグをサイトに設置するだけで簡単に導入することができます。

詳細をみる

自在のログフォーマット

自在のログフォーマット

取得するログ項目の選択や並べ変え、フィルタリングも自由に設定できます。

詳細をみる

便利な機能

便利な機能

ログをマスター情報でフィルタリングして使い勝手の良いログを生成します。

詳細をみる


タグコントローラー

ワンタグ

たった1行のタグ。それだけです。

共通のヘッダーまたはフッター部分に1行のタグを設置するとログの収集が開始します。

そのほかの様々な設定はタグコントローラーを利用しましょう。 タグコントローラーは管理画面からJavaScriptタグを追加、更新する機能です。 URLやクエリパラメータの条件により通知するログの項目を制御したり、設定したURLにマッチした時だけカスタムスクリプトを実行することができます。
タグココントローラーを使うことで、タグ実装時のエラーを減らせるほか、ウェブマスターにタグの変更依頼をする必要がなくなり、必要なタグを迅速にサイトに設定できるようになります。

xross dataは、アプリケーションの行動ログを収集するためのSDKを提供しています。
SDKのログ送信の制御をxross dataのサーバで制御できますので、安心してご利用頂けます。

任意のカスタムパラメータ

任意のカスタムパラメータ

Webサーバに記録されるようなアクセスログだけでは十分な分析ソースにはなり得ません。
例えば、カートページのURLだけではどの商品が何個カートに入っているか判断できませんし、カートから削除された商品を把握することもできません。

xross dataのタグは、それら情報をカスタムパラメータとして通知する機能を提供しています。タグコントローラーのカスタムスクリプト設定欄で任意にコードを設定して分析に必要な情報を記録しましょう。

1stパーティクッキー

3rd + 1st パーティクッキー

iPhoneをはじめとするスマートフォンデバイスや最新のPCブラウザでは、初期設定で3rdパーティクッキーを拒否する設定となっています。xross dataは3rd パーティクッキーと1st パーティクッキーのハイブリッド方式で、ユーザーの行動ログを正確に記録します。

Action Tracking

自在のログフォーマット

記録内容を柔軟に設定できます

xross dataは、ユーザーの行動ログをシステムが扱い易い形に変換するだけではありません。
項目の並び順を変更したり必要な項目だけをログファイルに保存することも簡単に実現します。しかも、管理画面から自由に設定がでるため、ログの抽出をシステム部門に依頼する必要がありません。

豊富なログ情報量

  • 標準のログ項目は 46 種類
  • カスタムパラメータは 無制限 に設定可能
  • マスター情報の フィルタリング機能 搭載
自由なプロファイル設定

ログプロファイル

ログを分析する際に、まずはじめに行う作業がクリーニング。必要の無いログが大量でその作業に辟易した人も多いのではないでしょうか?

xross dataは、必要のないログをクリーニングする機能を提供しています。管理画面で必要になるログの条件を設定すれば、そのログだけ記録されたログファイルが生成されます。
このログプロファイルは幾つでも作成することができます。例えば「アプリのログだけ」「ページ内イベントのログだけ」「サイト内検索のログだけ」など分析ニーズに合ったログファイルを生成しましょう。

ログ項目の選択と並び替え

ログ項目の選択と並び替え

ログプロファイル毎に出力する項目の選択と並び替えを設定して使い勝手の良いログを作成しましょう。

分析対象とする項目をドラッグ&ドロップすれば、そのログ項目だけログファイルに記録されます。
管理画面の簡単操作で、とてもスリムな分析ソースを作り上げることができます。

便利な機能

UX. Log Storage.

xross dataログストレージは便利な機能が充実しています。


マスター情報フィルタリング

ログに付加価値を付けます

xross dataは、単純にブラウザから送信された生ログをクリーニングするだけではありません。 受信したログをxross dataが保持する各種マスター情報にフィルタリングして、ログに付加価値を持たせています。

例えば"流入元種別"。通常はリファラーを解析してどこからのアクセスなのか判断しなければなりませんが、xross dataはマスター情報フィルタリングすることで、「no-refefrer」「search」「reference」「social」「ad」の5つの属性をログに付与します。

自由なプロファイル設定

フィルタリングするマスター情報

  • チャネルマスター(リファラー)
  • デバイスマスター(User-Agent)
  • 地域マスター(リモートIPアドレス)
  • 広告マスター(設定された広告パラメータ)
  • etc...

ログ取得API

システム連携が容易です

xross dataに保存したログは管理画面からのダウンロード機能の他に、システム間連携するためのAPIを提供しています。
ログファイルは1時間毎に生成されるため、1時間おきにAPIをリクエストすれば、最新のログを入手することができます。

APIの他には、ログの自動転送オプションのご用意があります。xross dataに保存されたログを、ご指定のプロトコルで任意のサーバに転送します。


文字コードとファイル形式

ログの保存形式を選択

ログプロファイル毎に文字コードとファイル形式の選択が可能です。

例えば、システム間連携するログファイルならTSV+UTF-8で設定し、管理画面からダウンロードしてエクセルで加工する目的であればCSV+Shif-JISで保存するなど用途に合わせて設定しましょう。

トライアル

LITE. Marketing Automation

無料トライアル | すべての機能を30日間ご利用頂けます。

利用規約個人情報の取扱いに同意された方のみトライアル申込をお願いします。