アクセス解析の1歩先を体験しましょう

無料トライアル | すべての機能を30日間ご利用頂けます。

利用規約個人情報の取り扱いに同意頂いた方のみトライアル申込をお願いします。

カゴ落ちメールの効果的な運用手法とは?

 

2017年頃から流行したカゴ落ちメール。MA(マーケティングオートメーション)ツールにカゴ落ちフォローの機能が搭載されたことを皮切りに、カゴ落ち対策専用のツールも多く市場にリリースされ、2020年現在ではコモディティ化した施策の一つとして認識されるまでに至りました。

 

しかしながら「カゴ落ちメール」と一言で括っても、配信タイミングや頻度、メールタイトル、掲載する文面や商品点数などECサイトにより様々です。

各社で試行錯誤を続けていると思われますが、どのタイミングでどのような文面でカゴ落ちメールを配信すれば効果が上がるのか?

カゴ落ちメールを効果的な施策とするための手法とツール選びの注意についてご紹介します。

 

続きを読む ›

カテゴリー: カゴ落ち, マーケティング, メール

メールマーケティングの重要なKPIである開封率、クリック率、コンバージョン率について解説

 

KPI(Key Performance Indicator)は重要業績評価指数と訳され、業績を管理したり評価したりするときの「数字的根拠」のことです。

メールマーケティングでは「開封率、クリック率、コンバージョン率」などのことをKPIとして重要視する傾向があります。

今回はメールマーケティングの重要なKPIである開封率、クリック率、コンバージョン率についてご紹介いたします。

 

続きを読む ›

カテゴリー: KPI, マーケティング, メール

メルマガの次に行いたいメールマーケティングの方法

 

新しい技術やサービスが続々と登場する中、メールが古いツールだと認識されることもありますが、メールのユーザー数は今もなお増え続けています。

2019年時点の世界のEメールユーザー数の予測値は29億人とされており、Facebookのユーザー数20億人と比較してもその数の多さが際立っていると言えるでしょう。

今回はメルマガの次に行いたいメールマーケティングの方法についてご紹介いたします。

 

続きを読む ›

カテゴリー: マーケティング, メール

業種別のマーケティングオートメーション導入:ホテル編

イメージ画像

 

マーケティングオートメーション(以下、MA)導入において、導入後の目的だけでなく担当者が具体的な実施イメージを持っているかどうか。これはMA導入成功において欠かせない条件と言えます。

 

自社の業種や利用範囲に合ったMA導入のメリットおよび施策例を事前に理解しておくと、MA導入後の成功イメージを描きやすくなります。

 

本記事では、ホテル業界のWebサイトへMAを導入する状況を想定した施策イメージを紹介します。

続きを読む ›

カテゴリー: マーケティングオートメーション, 業種別の活用例

リテンションマーケティングを行い既存顧客からの売り上げを増やす方法とは

 

ECサイトが行うマーケティング施策として高い効果が期待できるのがリテンションマーケティングです。

今回はリテンションマーケティングを行い既存顧客からの売り上げを増やす方法とはについてご紹介いたします。

 

続きを読む ›

カテゴリー: マーケティング, マーケティングオートメーション

今更聞けない自社にあったメール配信システムの選定方法について解説

 

企業が行うマーケティング施策として根強く効果が出ているのがメールマーケティングです。

そのために効率的なメールマーケティングを行うための代表的なシステムとして、メール配信システムが挙げられます。

メール配信システムは様々な企業が提供しており、無料で利用できるものから有料のものまで幅広いツールがあります。

これからメール配信システムを使ってみようという方や、既存システムを見直したいというときにどうやって選べば良いのか迷われている方も多いでしょう。

 

今回は今更聞けない自社にあったメール配信システムの選定方法について解説致します。

 

続きを読む ›

カテゴリー: マーケティング, メール

[技術] ITP2.1~2.3のまとめと対策

iPhoneなどのApple製デバイスでの広告効果測定が正確に出来なくなってきているという現状をご存じでしょうか?

これは、Apple社のブラウザに実装されているITPとい機能が原因です。

今回は、xross dataの測定でも影響が大きく出てきた、ITP2.1以降についてをまとめました。

 

続きを読む ›

カテゴリー: 技術情報

マーケティングオートメーション(MA)で利用することの多いセグメント設定一覧

 

マーケティングオートメーション(MA)をうまく活用するためにはユーザーに合わせたタイミングでコミュニケーションを取ることが効果的です。

そのためにはセグメント設計をしっかりと行うことで、スコアリングや興味関心のある属性として分類しましょう。

今回はマーケティングオートメーションで利用することの多いセグメント設定一覧についてご紹介いたします。

 

続きを読む ›

カテゴリー: マーケティング, マーケティングオートメーション

[技術] バッチプログラムのGo言語移行で気をつけるべきこと

 

マルチテナントサービスの集計バッチは、顧客の契約数の増加と共に、日々の集計対象となるデータ量が増大し、夜間の処理時間が長くなりがちです。

xross dataでは、2014年のサービス開始当初から、基本的に機械学習を利用する集計バッチはPythonで、他の集計バッチはWebアプリのクラスライブラリを流用するためにPHPで開発し、サービス機能の拡張を行ってきました。

 

続きを読む ›

カテゴリー: ビッグデータ, 技術情報

マーケティングオートメーション(MA)と連携すると効果が出やすいデータとは

 

マーケティングオートメーション(MA)をうまく活用するためには各種データを連携させることで効果的な場合が多く見受けられます。

データを活用して最適なタイミングで最適なコンテンツを届けることはツール導入の大きなメリットですが、実施するためには必要なデータをしっかりと準備しておくことが重要です。

今回はマーケティングオートメーションと連携すると効果が出やすいデータについてご紹介いたします。

 

続きを読む ›

カテゴリー: マーケティング, マーケティングオートメーション
トライアル

LITE. Marketing Automation

無料トライアル | すべての機能を30日間ご利用頂けます。

利用規約個人情報の取扱いに同意された方のみトライアル申込をお願いします。