アクセス解析の1歩先を体験しましょう

無料トライアル | すべての機能を30日間ご利用頂けます。

利用規約個人情報の取り扱いに同意頂いた方のみトライアル申込をお願いします。

Shopify公式ストア開設ガイドブック2022年版を解説

世界で最も利用されているECサイト構築サービス「Shopify(ショッピファイ)」が、日本でもEC事業者から注目されています。

 

今回は、Shopify JapanからShopify初心者向けに提供されている「Shopify 公式ストア開設ガイドブック2022年版」を解説いたします。

Shopifyとは

「Shopify」は、国内外関わらずにオンライン販売を手軽に始めら れる、クラウド基盤のマルチチャネルコマースプラットフォームです。

 

ウェブやモバイル、SNS、マーケットプレイス、実店舗などの複数の販売チャネルを持つネットショップの作成やカスタマイズ、在庫連携、売上管理などを簡単に行うことができます。

 

Shopifyのプラットフォームにはストアの経営者にとって強力なバックオフィス機能も備えられており、オンライン販 売に必要なものすべてを Shopifyで一元管理ができる、という手軽さも大きな特徴です。

 

2004年にカナダで設立されて以来、Shopifyは現在、約175ヵ国で展開しており、2017年に日本へ本格参入してからは日本国内においても多くのブランドから支持されているプラットフォームです。

 

グローバルでの流通総額は4,000億USドル(40兆円)を超えており、さらに今後も増加していくことが見込まれています。

 

Shopify 公式ストア開設ガイドブック2022年版を解説

ここからはShopify Japanで公式に公開されている「Shopify 公式ストア開設ガイドブック2022年版」(以下、ガイドブック)の中でも注目したい項目をピックアップして見ていきましょう。

 

ガイドブックには、Shopify初心者の方もまるっとShopifyのことを知れるように、概要~ストア解説まで幅広くまとめられています。

以下のページからダウンロードが可能ですので、ご興味のある方はご覧ください。

参考:Shopifyブログ(2022年2月)「Shopify 公式ストア開設ガイドブック2022年版を公開!Shopifyでネットショップをはじめよう」

 

Shopifyのプランについて

Shopifyはプランごとに値段と機能が変わる月額課金のSaaSサービスとなります。

 

「Shopify ストア解説ガイド2022年版」の図表から抜粋

 

基本プランとして上記の画像のように「ベーシック」、「スタンダード」、「プレミアム」の3プランがあり、この他に一番低価格な「Shopifyライト」、大規模サイト向けの「Shopify Plus」のプランも用意されているため、事業形態に合わせて柔軟に選択できるように幅広いプランが用意されています。

 

なお、Shopify Plusプランは月額利用料2,000米ドルからなっており、他のプランと比べて高い金額設定になっていますが、こちらのプランでは、

  • 画面や機能のカスタマイズ
  • フラッシュセール(時間限定の大量販売)
  • B2B向けEC

など高度なEC機能が利用できることからカスタマイズして本格的にECサイトを行う方に向いているプランとなっています。

 

通常のECシステムの構築が平均で12〜18ヶ月程度かかるのに対して、Shopify PLUSで構築することで3〜4ヶ月程度でできることがウリとされています。

参考:https://www.shopify.com/plus/pricing

 

なお、どのプランも初期費用は不要で、いつでもプラン変更ができますので、まずは低コストのプランで導入運用してみて規模が大きくなってきたらプランをアップグレードするといった使い方もできます。

 

Shopifyの構築や運用を外部の会社へ依頼したい場合は、「Shopify Experts」や「Shopify Plus Partners」にご相談することも可能です。

参考:Shopify Community Japan (JP) (2022年4月更新)「日本のShopify ExpertsとShopify Plus Partnersの一覧」

 

決済方法について

Shopify は様々な決済方法と連携されており、お客様の多様なニーズに対応できるようになっています。

 

ガイドブックで紹介されている日本のShopifyマーチャントに人気の決済方法とその特長をみてみましょう。

 

Shopify payments

Shopify が提供するクレジットカード決済方法で、Apple Pay と Google Pay も同時に導入することができます。Shopify ペイメントを有効化すると、プランによって異なる 0.5% 〜 2.0% の取引手数料がゼロになります。

 

PayPal

Shopifyストアに初期設定から導入されている決済方法です。クレジットカードや銀行口座からの支払いにも対応しています。

 

amazon pay

お客様がAmazonのアカウントに登録されているクレジットカード情報を使用して、商品を購入できるようになります。

 

paidy

お客様の「後で支払いたい」に応 える 「Paidy 翌月払い」を導入する ことができます。

 

SB Payment Service

クレジットカード決済だけでなく、楽天ペイやPayPayなどの決済方法にも対応しています。

 

docomo digital

ドコモ、au、ソフトバンクの携帯キャリア決済を一括でストアに導入することができます。

 

他にもShopifyで対応可能な決済方法がありますので、ユーザーの属性に合わせて利便性の高い決済方法を導入してみましょう。

 

Shopify ショップインタビュー  「SOULfitwear」

ガイドブックには事例インタビューも掲載されております。

 

スノーボード日本代表の鈴木瑠奈さんが2020年11月にフィットネスウェアブランド「SOULfitwear」を立ち上げ、ショップサイトをShopifyで構築されました。

 

ビジネスを始めた理由

鈴木さんは、2020/2021 シーズンに初めて勝ち取ったワールドカップへの出場権が、コロナ渦の大会中止によって失われました。また、 世界的な大混乱の中、スポンサー企業が決まらず、活動資金が尽きて活動を休止せざるを得ない状況に陥りましたが、鈴木さんは大好きなスノーボードを諦めず、資金集めのために起業したと語っています。

 

Shopify を選んだ理由について

鈴木さんがShopifyを選択したきっかけは、EC を運営している知人からお勧めされたためでした。いろいろな EC カートを検討した結果、Shopifyを選んだ理由として2つ挙げられました。1つは、「デザイン性の高さ」です。さまざまなテーマが選べて、自分で操作してもク オリティの高いサイトができる点が決め手となっているそうです。2つ目は「手数料の手頃さ」が挙げられました。Shopifyの使い方は、練習のすきま時間を見つけて独学で学ばれたそうです。

 

ショップ運営で心がけていること

鈴木さんがショップ運営で心がけていることは「お客様とのコミュニケーションを大切にすること」だそうです。お問い合わせにはできる限り迅速に回答するようにし、サイト上の写真やブログ・SNS を効果的に使うことによって、ブランドのコンセプトやミッションをお客様にお届けするために運営に励んでいられるようです。

 

今年もShopifyの動きに注目

今回は、「Shopify 公式ストア開設ガイドブック2022年版」の序盤をピックアップしてご紹介しましたが、こちらのガイドブックではストアの開設方法や使い方、応用方法など幅広くShopifyについて説明されていますので、気になる方はダウンロードしてみてください。

参考:Shopifyブログ(2022年2月)「Shopify 公式ストア開設ガイドブック2022年版を公開!Shopifyでネットショップをはじめよう」

 

Shopifyは、今、世界的にも成長しており日本でも大きな成長を見せています。

 

今後もShopifyにどのようなアップデートが入り、事業者(マーチャント)にメリットを与えてくれるのか、Shopifyの動きに注目していきたいと思います。

 

弊社のマーケティングオートメーションツール「HIRAMEKI XD」では、日々成長しているShopifyとの連携機能をご用意しております。
ご興味のある方は是非、ご相談くださいませ。

 

サービスへの問い合わせ

 

カテゴリー: EC